それでは、コミミズクの総集編を・・・。

昨年末より淀川の河川敷でブームとなっているコミミズクのグループも琵琶湖のオオワシ同様、そろそろ越冬期も終盤となりまもなく北帰することでしょうからまとめとしてアップしておきます
自宅から近いこととフクロウ科には目がないものですから連日1時間限定で通いました

今日は・・・、環境編

ご覧のように淀川のこのエリアは両岸ともに住宅地です、このグループがこの地を選んだのはここが閉鎖されてさほど時間が経っていない元ゴルフ場だったことでまだ雑草が増えておらず餌となるネズミ類を捕獲しやすい環境にあったことが一番だったようです

150109

150129一羽だけ見るからに若い個体がいてコイツはどういうわけか根性が座っていてギャラリーの目の前をテリトリーとして活動していました、このように河川敷ランナーが3m横を走ってもビクリともせず「我関せず」の状況、こんなコミミズクを見たのは初めてです
しかもこの杭に限らず舗装道路沿いのそこここの杭に留まるものですからどの位置で撮影していても突然目の前に留まってくれて観察している人たちはさぞ楽しかったのではないでしょうか
しかも下の写真のように道路上の低い場所を滑空したりして散歩中のご近所さんもびっくりされたことでしょう

150124

背景は・・・、男山住宅ですね
150125

次回からは生態編をお送りいたします(^-^)

◆お知らせ◆ 2月20日(金)より本年最初のフクロウと動物の写真展を開催中です
写真付きフレームやふくろうや動物のオリジナルマグカップがなんと¥1,000からだったりお買い得品もご用意しています、「コミミズク」の写真コーナーも設けています

ご案内は下のバナーをクリックしてください、ご案内ページを開きます
ふくろうや動物ファンの方、ご来場をお待ちいたしておりまする~

201502title
在庫ございます~(^^;)、よろしくお願いいたします!!
2015calendar2

こちらもクリックよろしくお願いします~「目指せ50位内!」です(^-^)
本日の写真・記事はいかがでしたか?いつも熱い応援をありがとうございます!

*掲載写真はクリックできるものは拡大表示します、拡大写真は✕印又は写真の枠外の任意の場所をクリックすれば閉じることが出来ます

2019年度版カレンダーご購入特設サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です